FC2ブログ
自己流な人形作りの日記やハンドクラフトの記録
page top
終わって無いけど区切りは付いた
間に合ったー!!
多分今日もこたつで仮眠ですけど、どうにか持っていくことが出来そうです。
一旦飾り付けの形にしなきゃいけないし、作品カードとか、
あと、あれやそれと、やること山積みだけど嬉しいー!!よかった!!
このまま寝ないことを祈るのみです。

朝まで本当に持っていけるのか解りませんが、
明日11月30日から12月4日まで5日間
12:00~20:00(最終日は18:00まで)
池袋西口近くのカーサ池袋1Fのオレンジギャラリーにて
専門学校のゼミの卒業生80人!で開催するグループ展に
人形を置いてもらいます。このブログ見てるのはほぼ身内だと思うので
来られない人が多いと思いますが、興味ある方は是非見に来てください。
(※因みにリアルイラストレーションゼミなので、リアルなイラスト中心です。
立体作品もあると聞いていますが、お人形の展示会ではないです。)

正直すごい浮きそうで怖いです。
先生は解ってくれているから大丈夫なんですが。
自信作ならまだしも、写真では解らないですが、実際近くで見ると、
塗りがすっごく汚いです…なんでこんなに汚くなってしまったのか、
すごくショックだったのですが
(原因の一つは絵の具の調合間違えたんだと思うけど、
ザラッザラで色ムラが酷い…)
テーブルに座っているのを見るとすごく可愛いです…。
自分で作ったものはみんな可愛いです(開き直り)
でも隅っこに置いて貰おうかな…。

拍手本当にありがとうございました!!
お返事は次の更新時に書きますね(もしくはメールで送ってしまうかも)
今まで励まして頂いて本当にありがとうございました!
ラストスパート頑張って来ます。
page top
7、肉を盛る(足)
今日は制作に打ち込もうと思ってたんですが、来客の間は粘土が出来ないので
その間に記事を書いてしまいます。

実は少し既に削ってある
足に取り掛かります。

がりがりいきます
ぼこぼこしているところを取り除きながら、設計図にあわせて削っていきます。
足は削りやすいので、つるつるになるとちょっと嬉しい。

多めに盛っておきます
設計図にあわせて、足りない所に盛っていきます。
足りないより、多めに盛って削った方が早いので、多少多めに粘土を足します。

膝も多めに
腿が乾いたら膝にも盛ります。腿と同時進行はお勧めしません。
胴体と同じように、触っているうちに傷が付くので、
乾かしてから次の工程の方が良いです。

盛って乾かして削って、を何回か繰り返して、胴体と同じように7~8割で
一旦終わらせておきます。

ビフォーアフター2
こんな感じになりました。もうちょっと膝裏に凝りたいのですが、
目を覚ますために暫く放置。
膝がぽっこりしている方が好みなので、膝は割りとはっきりさせてます。
そして太腿がちょっとむっちり。

胴体と足
胴体とあわせると、なかなか良い感じです。
思ったより胴体との合わせ部分に誤差が出なかった。

次は私の苦手な腕作りです。ややこしい…

そして今現実では腕が大体終わり、顔に突入していますが、
心が折れそうです。顔がちいさい!!自分で決めといて死にそうです。
page top
6.5、胴体7~8割完成
胴体が大体完成しました。
この後他のパーツとの大きさの確認や、関節の球を入れるときに
変更点が出てくるので、7~8割の所で止めておきます。
冷静になると見えてくる点もありますしねー
大体完成
胸の形は気に入っていますが、腰に若干ひねりが入っているような…?
最初に書き忘れましたが、22~25歳くらいを意識してます。


よこ
横から見た図。下腹部をもっと削った方がいいのか…。
座らせる予定なので、足の関節との兼ね合いで、
股関節は今弄らない方がいいけど気になる…

合わせてみる
設計図とも合わせてみます。大体合ってて一安心。
肩も関節のときに削ります。

横も合わせる
横。こちらも大体合ってるかな。胸が少し小さい気がしますが、
粘土の方が理想に近いので、気にしないことにします。
基本的に絵の通りに作るけれど、実際の肉付けの方を重視します。
絵では描き表せなかったり、後で気付くこともあるので、
設計図は見本だけど、肉付けの点ではあまり気にしてなかったりします。

後姿は前回の写真と大して変わっていないので省略します。

ビフォーアフター
肉付け前→肉付け後。
腰周りを芯の時点でもっと大きくしても良かったなー
男性の体つきっぽい元の形から、女性の形になれた気がします。
所で、なぜ肉付け前と肉付け後の写真が同時に撮れるかというと、
最初の工程は全然写真を撮らずに始めてしまった為、
ブログの為にもう1体作ったからです←胴体だけ。
粘土を巻きつけてる写真とかは後から撮った写真でした。
折角だからスペアの腰ひねった胴体とか作ってみたかったけど、
時間がなさそうなので、グループ展終わってから作ってみることにします。
page top
6、肉を盛る(胴体)
納得のいくくらい削ったら粘土の工程に入ります。
背中のお肉の盛り上がりを作ります。棒状に伸ばした粘土をくっつけて
ならします。

盛ります

こんな感じに。
なるべくなめらかに
ここで注意するのは必ず粘土をくっ付ける面は水で濡らしておくこと。
乾いた部分に押し付けてもなかなかくっつきません。
重要なのはお水です。
粘土をくっつけた後も、乾燥してくると伸ばし辛くなるので、
お水をつけながら伸ばして形を整えます。
なるべくこのときに形を整えますが、あんまり弄りすぎても形が崩れるので
一旦乾かします。

にくにくしい
背中が乾いたらお腹にも肉付け。
ちょっと肉をつけすぎなくらいが、リアルに見える気がします。

順番は好みですが、どちらかをきちんと乾かしておかないと、
夢中になっているうちに、握り締めて別の面が歪んでいたりするので
ちゃんと乾かします(経験者は語る)

肩甲骨
肩甲骨も忘れずに盛り付け。肩甲骨難しくて苦手です…
なんか写真で見ると微妙に体が曲がっていますね…。あとで要修正です。

さーこつー
鎖骨。一回盛ったのが下過ぎて、綺麗に出来たのにカッターで取ってやり直しました。
首の筋と鎖骨を両方一気にやるのは上手くいかなそうだったので
先に首筋を作ってから鎖骨を盛りました。
胸も上過ぎた気がしたので、この後少し下げています。
絵に描くと上のほうにありそうですが、実際そんな上には胸ないですよね。

このあと全体を見ながら足りないところは盛って、乾かして、盛りすぎたら削って、
の繰り返しで理想に近づけていきます。
胸やお尻もいろんな角度から眺めて形を整えます。
肉付けは一応自分が女子なのでお風呂の時とかに研究したりしますが、
なにぶんスタイルが違いすぎるので、雑誌を参考にしました。
ヌード写真集もあると便利そうですが、お金が無いので、通販雑誌の下着の所や
たまたま連載目当てで買っていたananの美乳、美尻特集を参考にしました。
深夜に美乳特集を真剣に読んで、人形の乳を眺めて形成して、
ふと我に返るとなんとも言えない気分になるのは考えないことにします。

次は7、8割完成した胴体の写真を載せます。その後は足です。
page top
最近の近況
最近人形進んでません…。ブログに載せてる胴体がある程度できたので、
一旦切り上げて次の足の作業に入ったままで止まっちゃってるので、
なんとかしないと…。膝が難しい…。
まだ頭と手と足という細かい作業が残っているのに!

昨日、お人形の作品としての悩みの一つが解決して凄く嬉しかったんです。
お人形をグループ展で飾るときに、花を添えたかったのですが、
造花だと「リアル」というテーマに合わないし、でも生のお花だと展示中に
枯れてしまうだろうし、どうしようかと思ってたら、
出掛け先の群馬の道の駅で綺麗なドライフラワーが売ってました!
喜んで買ってきましたよー!枯れないし、偽物じゃないし、「理想だ!!」と
一気にテンション上がりました。まぁ、人形完成してないし、
実際出来上がったらどういう形にするかは解りませんが、
すっきりして、すごく爽快でした(笑)似合うといいなあ…。

あと、このブログ、お人形だけじゃなく、手芸系も載せていこうかな~と
思ってます。最近がま口作りに凝っているので、その写真とか。
ブログのタイトル、てきとう趣味日記とかにしとけば良かったのかな…
そのうちこっそり変わっているかもしれません。
© てきとう粘土日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG