FC2ブログ
自己流な人形作りの日記やハンドクラフトの記録
page top
8、肉を盛る(腕) 9、足(指と甲)を作る
久しぶりに制作日記に戻ります。
今回は腕からですが、腕を作るのが苦手なもんで、気が付いたら写真が
2枚しかありませんでした(笑)…なんの参考にもならない…。
なので急遽足の甲編も一緒にやってしまいます。雰囲気だけの制作日記ですみません…

削るときは余裕を持って
でこぼこな腕をなるべく平らにして、真ん中の関節が入る線を決めて
両端のいらない部分は先に落としておきます。
要らない部分を切ると言っても短くなってしまったら大変なので、
あくまでも余裕を持った長さにしておきます。

すごくてきとう…
肉付けをしたらこんな感じになりました。
腕は足と違って関節が入るのが正面ではなく、正面から斜め45度内側に入った所に
入れるので、よく解らないという場合は肩の関節付けをしてから、肉付けをしたほうが
解り易くていいかと思います。文章だけで表すのはなかなか難しいです…。
どこに肉付けたらいいのか良く解らなくなるので苦手なんですよね~


そんな感じで腕が終わってしまったので、足の指作りに入ります。
足と手と顔等パーツが小さいものは、折れにくくする為、粘土に木工用ボンドを混ぜて
形成します。うちには手芸用しかなかったので、それで代用しましたが、
多分変わらないはず…

大体の感じで
大体で形を整えます。大きかったら削ればいいので大きめで。

結構重要
乾いたら、削るところに鉛筆で線を入れます。足の指は、削るところが減ってしまうので、
指は太めに線を引きます。力を込めると折れるので、カッターの背で
ちみちみ削っていきます。私は後にうっかり切り離しちゃったのですが、
30cmぐらいのお人形では足の指の間は切り離さない方がいいと思います。
折れると心底めんどくさいです(折れた)
写真では足の裏の指の線が入っていませんが、きちんと表とあわせて
線を入れておくと削りやすいです。

足は楽しい
削り終わって親指を少し太くしたら完成。
甲がちょっと低い気もしますが、関節付けるときに足すので、大丈夫です。
指をもう少し作りこみたかったけど、小ささに負けました。
写真では解らないですけど、長さは500円玉位です。

足の裏
もうちょっと足の裏も盛りたかったけど、もしかしたら立たせることも考えて、
盛らずに削りだけにしました(安定のため)完全に立たせる場合は、
あまり足の裏は削らない方がいいです。

次は手を作ります。細かいけど、楽しい作業です。
スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


© てきとう粘土日記. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG